10万円借りたい 利率

キャッシングの利率

資金調達をするときのコストが利息ですが、利息は利率によって計算されます。
キャッシングを利用するときも利息を支払うことが必要ですが、このときの利率は1年あたりで表示されることが多いです。
年単位で表すときには利率と言わずに金利と表現するのが一般的となっています。
キャッシングの金利を見てみると、全体としては高いという傾向があります。
他の方法で資金調達をする場合に比べると、キャッシングは全体的に高めに設定されています。

 

この金利については利息制限法によって上限が定められています。
利息制限法では10万円未満の場合年20%、10万円以上100万円未満の場合年18%、100万円以上の場合年15%となっています。
このように上限は定められていますが、上限に一杯の金利が適用されることは少ないと言えるでしょう。
そして、金利は契約者によっても異なりますし、サービスの内容によっても異なります。
金利に含まれているのは金融機関の経営コストとリスクプレミアムの二つだと考えればわかりやすいでしょう。
金融機関はキャッシングのサービスを提供するために設備投資も必要ですし人件費も必要となります。
金融会社の利益は利息のみですから、これを金利として上乗せして貸し付けを行っています。
経営体質がスリムな金融機関ほど金利は低いという傾向はあります。

 

もう一つのリスクプレミアムは少し難しいのですが、誤解を恐れずに言えば貸し倒れた時に補填するためのものだと言えるでしょう。
金融機関は多くの人にお金を貸すのですが、すべての人がきちんと返済するとは限りません。
中には返済できなくなってしまう人もいます。
そのような人がいれば利益は損なわれるわけですから、その損なわれた分を何とかして埋め合わせをしなければ経営は成り立ちません。

 

ですから、金利を高くして利益を大きくすることが必要となります。
貸し倒れになってしまうリスクを埋めるためのものだと言えるでしょう。
貸し倒れになるリスクが小さいと判断されたのであれば、金利は低く設定されます。

 

収入が安定している人であれば返済可能性は高いと言えるでしょう。
そのために、金融機関は低い金利でキャッシングのサービスを行います。
金融機関としては、絶対に返済をしてくれるのであればできるだけ多く借りて欲しいものなのです。
なぜならばそれが利益につながるからです。
返済可能性が高いのかどうかを評価するために行われるのが審査です。
審査では職業や勤続年数、年収などが対象となって評価が行われるのですが、これらは返済可能性が高いのかどうかを知るためのものだと言えるでしょう。
同じ金融機関からお金を借りる場合であっても、返済可能性が高いと判断された人のほうが低い金利で契約をすることができるというメリットはあります。
他の融資形態と比較してみると、キャッシングは担保を必要としませんし保証人も必要としない場合が多いでしょう。

 

もしも返済が滞ってしまったときには、金融機関は他の方法で回収できる可能性は低くなります。
そのために、他の融資と比較すると金利は高く設定されています。
ただ、これは一般的な傾向ですから、人によって異なっているという点に注意しておきましょう。
キャッシングを利用すれば利息をたくさん支払わなければならないと決めつけている人もいるようですが、中には非常に低い金利でサービスを提供している金融機関もあります。
銀行系のキャッシングのサービスの中には低金利なものも大奥ありますから、選べば有利なものを見つけられる可能性はあります。